千葉県立東金高等技術専門校(ちばテク東金校)で【ハロトレ】職業訓練科と費用

千葉県立東金高等技術専門校(ちばテク東金校)の訓練科と費用

校名普通課程有料訓練科訓練期間定員
ちばテク東金校空間デザイン科2年20名
短期課程無料訓練科定員訓練期間入校時期
建築科30名1年4月
左官技術科(デュアルシステム訓練)(注1)8名9か月4月
左官技術科8名6か月10月・3月

(注1)施設内(校内)訓練と企業における実習訓練(有期パート就労)を組み合わせて行う「デュアルシステム訓練」です。概ね55歳未満の方が対象になります。

入校選考料・入校料・授業料

  • 授業料が有料のコース(普通課程)と無料のコース(短期課程及び障害のある方を対象としたコース)があります。有料コースには、下表で示す費用がかかります。(金額は令和元年度の料金を掲載してあります。)
  • すべてのコースとも教科書代、作業服代等は本人負担となります。
  • 訓練期間が1年以上の訓練科では、公共交通機関の定期乗車券を購入される際に、学割が適用されます。
  • 授業料のかかる訓練科(有料コース)には、授業料の減免制度があります。
内容単位金額適用
入校選考料1回につき2,200円入校願書を提出する際に県証紙を貼付ください。
入校料1回につき5,650円入校時に現金で納付していただきます。
授業料1年につき118,800円年額の2分の1の額を4月入校時に、残りの半分を10月の初めに現金で納付していただきます。

条件により訓練期間中、雇用保険失業給付金が支給されます

雇用保険の受給資格がある方(または、予定の方)が 公共職業安定所の受講指示を受けて入校した場合には、 訓練期間中、雇用保険失業給付金(基本手当、受講手当、該当者には通所手当)が支給されます。
※必ず住所を管轄するハローワーク(公共職業安定所)で相談を受けてから 応募してください。

千葉県立東金高等技術専門校(ちばテク東金校)の沿革・概要

校の沿革
昭和42年4月東金職業訓練所開設。(溶接科・電子機器科設置)
昭和44年10月施設の名称を東金専修職業訓練校に改める。
昭和48年4月電子機器科を廃止し建築科を設ける。
昭和49年4月施設の名称を東金技術専門学校に改める。
昭和53年4月施設の名称を千葉県立東金技術専門校に改める。
昭和54年4月施設の名称を千葉県立東金高等技術専門校に改める。
平成10年3月新校舎竣工。建築科及び溶接科を廃止する。
平成10年4月金属加工系溶接科を設ける。(中卒以上、2年訓練)
デザイン系ディスプレイ科及びメカトロニクス系メカトロニクス科を新設する。(高卒等、2年訓練)
平成16年4月金属技術科を設ける。(1年訓練)
平成17年3月金属加工系溶接科を廃止する。
平成21年3月メカトロニクス科と金属技術科を廃止する。
平成21年4月建築科(1年訓練)と左官技術科(9ヶ月デュアル訓練、6ヶ月訓練)を設ける。

千葉県立東金高等技術専門校(ちばテク東金校) アクセス

住所・電話番号・URL

〒283-0804 千葉県東金市油井1061−6

TEL:0475-52-3148

https://www.pref.chiba.lg.jp/kg-tougane/index.html

アクセス