宮城県立石巻高等技術専門校で【ハロトレ】職業訓練科と費用

宮城県立石巻高等技術専門校の訓練科と費用

宮城県立石巻高等技術専門校の歴史は、県内の公共職業能力開発施設としては最も古く、昭和18年2月に「石巻造船技術補導所」として石巻市門脇町一丁目に開設し、地元の造船業界に多くの造船技能者を送り出してきました。戦後、「宮城県木工職業補導所」として、復員者、徴用解除者、引揚者、戦災者を対象とする失業対策と戦災復興のため、木工を中心に職業訓練を行ってきました。

その後、昭和39年12月に現在地(石巻市門脇字青葉西)に移転し、名称の変更、訓練科目の改廃や新設を行い、「石巻高等技術専門校」として現在に至っております。

その後は、職業能力開発促進法に基づく、公共職業能力開発施設として、新たに就職を希望する者及び職業を転換しようとする者に対し、基礎的知識・技能を指導し、産業に必要な技能労働者を養成しております。

平成29年度においては、普通課程で自動車整備士を養成する自動車整備科、溶接や旋盤加工などの技術を習得する金属加工科、家具職人・建具職人を養成する木工科の3科を計画しております。さらに、短期課程(施設内)で配管科、溶接科、の2科、施設外の委託訓練でIT基礎科、経理基礎科、医療事務科など13コースを計画しています。また、平成2年度から、訓練生を対象に求人受理・職業紹介を直接行う、無料職業紹介事業を実施しています。

普通課程1年コース及び2年コースです。
★自動車整備科
★金属加工科
★木工科
短期課程6か月コースです。
★配管科
★溶接科
委託訓練本校以外の施設で行うコースです。

自動車整備科

訓練期間は2年間です。

定員は1学年20名です。応募対象者は高等学校を卒業(見込み)若しくは、同等以上の学力のある方を対象としています。

諸経費

  1. 入学金5,650円(宮城県収入証紙で納入)
  2. 授業料118,800円/年(4期分納)(減免制度があります) 
  3. 教科書、作業服代等
  • 1年次約60,000円
  • 2年次約20,000円

金属加工科

訓練期間は1年間です。  

定員は20名です。応募対象者は高等学校を卒業(見込み)若しくは、同等以上の学力のある方を対象としています。

諸経費

  • 入学金  5,650円(宮城県収入証紙で納入)
  • 授業料  118,800円/年(4期分納) ※減免制度があります 
  • 教科書、作業服代等 約60,000円

木工科

訓練期間は1年間です。

定員は10名です。応募対象者は高等学校を卒業(見込み)若しくは、同等以上の学力のある方を対象としています。

諸経費

  1. 入学金 5,650円(宮城県収入証紙で納入)
  2. 授業料 年間118,800円(4期分納)※減免制度があります 
  3. 教科書、作業服代等 約35,000円

配管科(6か月コース)

定員は5名です。 所轄の各公共職業安定所にて受講指示、受講推薦又は支援指示を受けられる方を応募対象としています。

諸経費

入学金及び授業料は無料です。

教科書、作業服代等約25,000円

溶接科(6か月コース)

定員は5名です。 所轄の各公共職業安定所にて受講指示、受講推薦及び支援指示を受けられる方を応募対象としています。

諸経費

入学金及び授業料は無料です。

教科書、作業服代等 約30,000円

条件により訓練期間中、雇用保険失業給付金が支給されます

雇用保険の受給資格がある方(または、予定の方)が 公共職業安定所の受講指示を受けて入校した場合には、 訓練期間中、雇用保険失業給付金(基本手当、受講手当、該当者には通所手当)が支給されます。
※必ず住所を管轄するハローワーク(公共職業安定所)で相談を受けてから 応募してください。

宮城県立石巻高等技術専門校 アクセス

住所・電話番号・URL

〒986-0853 宮城県石巻市門脇青葉西27−1

TEL:0225-22-1719

石巻高等技術専門校 - 宮城県公式ウェブサイト

アクセス