ポリテクセンター宮崎でハロトレ【訓練科と雇用保険の失業給付】

ポリテクセンター宮崎で受講できる訓練科

CAD・NC加工科

物を作るには図面を必要としますが、パソコンを使って図面を描くことにより難しい図面作成が簡単にできるようになりました。 また、物を作るには熟練技能が必要とされていたのですが、コンピュータを搭載した機械により 物を作ることで熟練を必要としなくなりました。CAD・NC加工科では、図面作成から、物を作り出す技能及び関連知識を習得できます。

機械設備保全科 (企業実習付)

モノづくりの基本となる機械図面の読み方・測定技術を先駆け、機械加工のベースとなる旋盤・フライス盤の機械操作習得から技能検定2級レベルの技能習得まで訓練していきます。また、機械・電気の保全に関する訓練を行い、作業者のみならずメンテナンスもできる作業者を目指し、実践的な技能と知識の習得ができます。その他、パソコンやNC旋盤・マシニングセンタの基本的なプログラミングも訓練で習得します。 修了前に実施する「企業実習」では、生産現場での実習を通じて、実践的な知識と技能を習得します。

金属加工技術科

金属でものを作るには、金属を切る、折り曲げる、接合するなどの技能・技術が欠かせません。訓練では、これら機械板金および各種溶接法など、求人企業から求められている基本的な技能・技術を習得できます。そして、時代の変化にも通用する生涯にわたる技術の基礎づくりを目指します。訓練修了時には、幅広い金属関連産業への就職に対応できるようにしています。

電気設備技術科

電気設備技術科では、次の内容を訓練します。
電気工事分野では住宅配線工事、太陽光発電工事、消防設備工事の技術を、通信工事分野ではテレビアンテナ工事、LAN(ネットワーク)工事の技術を、また、電気制御分野ではシーケンス制御、PLC制御、電気保全の技術を、さらにCAD(電気配線図作成)、ワープロ・表計算の処理能力を習得します。

電気設備保全科 (企業実習付)

電気設備保全科(企業実習付)では大きく分けて3つの訓練があります。

「電気工事」では、建物の中の照明や壁に埋まっているスイッチなどの配線、施工方法を習得します。
「シーケンス制御」では、工場のベルトコンベアやリフト、エレベータなどで使われる技術で電気の力で機械の動きを制御することを習得します。
修了前に実施する「企業実習」では、生産現場での実習を通じて、実践的な知識と技能を習得します。

ビル設備サービス科

訓練では給排水衛生設備保守管理・消防設備保守管理・空調設備保守管理・電気設備に関する保守管理技術及びコンピュータに関する基礎技術 など、ビル管理の技能と関連知識を身につけます。また、訓練修了時の仕上がり像を2つ設定し、関連職種に幅広く対応できるコースとなっています。

住宅リフォーム技術科

建築設計補助などの業務に必要な各種建築知識と建築CAD技術、福祉住環境コーディネート技術に加え、ホームセンター販売員、建築現場作業員などの業務に必要な木造住宅施工技術、住宅リフォーム技術を習得します。

職業訓練と雇用保険の失業給付(基本手当・受講手当・通所手当)

基本手当とは

雇用保険の被保険者の方が離職し、失業中の生活を心配しないで、新しい仕事を探し、1日も早く再就職するために支給されるものです。雇用保険の一般被保険者に対する求職者給付の基本手当の所定給付日数(基本手当の支給を受けることができる日数)は、受給資格に係る離職の日における年齢、雇用保険の被保険者であった期間及び離職の理由などによって決定され、90日~360日の間でそれぞれ決められます。

受給期間の延長とは

失業保険をもらっている期間中にハローワークから紹介され公共職業訓練を受講すると失業保険(雇用保険)の受給期間は延長されます。原則として所定給付期間日数の2/3の受給日数を受け終わるまでに訓練を開始しないと訓練給付延長は受けられません

この訓練延長給付は、以下の3つの期間に適用されます。

  1. 訓練などを受けるために待機している期間
  2. 訓練などを受講している期間(最長で2年)
  3. 訓練などの終了後に再就職が困難な期間(最長30日)

職業訓練は3カ月、6カ月のコースが多く設定されていますが、若年層向けのコースには1年または2年間受講するコースも開設されています。この制度を上手に利用すると、本来の所定給付日数が90日しかない人も元の日数に加えて職業訓練を受給する期間分だけ支給日数が延長されることになります。

受講手当とは

受講手当は、受給資格者が公共職業安定所長の指示した公共職業訓練等を受ける場合に支給されます。支給の対象となるのは、基本手当の支給の対象となる日のうち公共職業訓練等を受けた日です。

受講手当の日額は500円です。受講手当の上限額は20,000円です。

通所手当とは

通所手当は、受給資格者の住所又は居所から公共職業訓練等を行う施設へ通所するために交通機関、自動車等を利用する場合に支給されます。

通所手当の月額は通所方法によりますが、最高42,500円までです。

支給対象にならない日がある月については日割により減額して支給されます。

ポリテクセンター宮崎  アクセス

〒880-0916 宮崎県宮崎市大字恒久4241番地 

求職者向け職業訓練のご案内
宮崎職業能力開発促進センター(ポリテクセンター宮崎)では、①求職者・離職者及び転職等再就職をお考えの方を対象に職業訓練を実施しています。②求職者の皆様方の求職活動がスムーズに進むよう応援します。③地域の求人に応えるべく人材育成を行います。④施設見学説明会は失業手当受給のための失業認定の求職活動に該当します。雇用と生活の...