東京都立中央・城北職業能力開発センター 赤羽校で【ハロトレ】職業訓練科と費用

東京都立中央・城北職業能力開発センター 赤羽校の訓練科と費用

普通課程(訓練期間1年・2年コース)は、授業料が有料となります。

授業料は、年額118,800円です。(平成27年度より改定)

(原則、前期と後期の2回に分けて納付していただきます。授業料は改定になる場合があります。)

なお、経済的状況等の特別な理由がある方には、授業料の減免制度があります。
詳細は、お問い合わせ下さい。

他に教科書代等が別途必要です。

科目内容

【電気工事科】
 一般家庭から大規模施設における電気工事に必要な施工知識・技術を学びます。電気工事には経済産業省所管の国家資格である電気工事士が必要なため、訓練修了後に取得できる仕組みとなっています。

【環境空調サービス科】
 一般家庭用エアコンから施設用空調設備に必要な施工とメンテナンスの知識・技術を学びます。また、商業用冷凍庫に必要な施工とメンテナンスの知識・技術も学びます。

【測量設計科】
 測量と土木設計に必要な知識と測量機材の取り扱いを含めた測量技術を学びます。修了後は、測量や土地家屋調査の分野での就職を目指しています。

【Web設計科】
 Webサイトのプログラム設計からデザイン技術まで、Webサイト制作に必要な知識・技術を一貫して学びます。

【建築CAD科】
 建築製図と住宅設計に必要な知識と技術を学び、建築CADオペレーターや建築士の補助として就職しています。

【電気設備保全科】
 建物の維持管理に必要な知識と保全技術の中で、電気設備に関する分野を中心に学びます。

科目期間対象課程入校時期
電気工事科1年概ね30才以下普通(授業料等有料)4月
環境空調サービス科1年一般向け普通(授業料等有料)4月
測量設計科1年一般向け普通(授業料等有料)4月
Web設計科1年一般向け普通(授業料等有料)4月
建築CAD科6ヶ月一般向け短期(授業料等無料)4・10月
電気設備保全科6ヶ月概ね50才以上短期(授業料等無料)4・10月

条件により訓練期間中、雇用保険失業給付金が支給されます

雇用保険の受給資格がある方(または、予定の方)が 公共職業安定所の受講指示を受けて入校した場合には、 訓練期間中、雇用保険失業給付金(基本手当、受講手当、該当者には通所手当)が支給されます。
※必ず住所を管轄するハローワーク(公共職業安定所)で相談を受けてから 応募してください。

東京都立中央・城北職業能力開発センター 赤羽校の沿革・概要

沿革

昭和42年東京都立赤羽職業訓練所として開設
昭和44年東京都立赤羽専修職業訓練校と名称変更
昭和46年東京都立赤羽高等職業訓練校と名称変更
昭和61年東京都立赤羽高等職業技術専門校と名称変更
平成9年東京都立赤羽技術専門校と名称変更
平成19年東京都立中央・城北職業能力開発センター 赤羽校と名称変更

施設概要

所在地東京都北区西が丘三丁目7番8号
名称東京都立中央・城北職業能力開発センター 赤羽校
電話03-3909-8333
FAX03-3906-2544
施設敷地面積6,613.88平方メートル
延床面積4,774.48平方メートル
建物構造本館 鉄筋コンクリート造
実習場鉄骨鉄筋コンクリート造

職業訓練

当校は、建築設備系科目とともに、IT化社会に対応した科目を設置するなど、時代のニーズに適合した職業訓練を実施し、東京の産業を支える人材の育成に努めています。
当校では、高校を卒業したばかりの18歳の若者から職業経験豊富な高齢者まで、様々な年代の人々が、就職・再就職に向け、実践的な基礎技能の習得をめざして職業訓練を受講しています。

就職紹介

当校では、企業の求人を受付け、生徒の職業紹介を実施しています。 
求人・求職双方のニーズを的確に捉えることにより、訓練指導と就職支援の一貫性を図り、生徒の特性を活かした就職を促進しています。

東京都立中央・城北職業能力開発センター 赤羽校 アクセス

住所・電話番号・URL

〒115-0056 東京都北区西が丘三丁目7番8号

TEL:03-3909-8333

東京都立中央・城北職業能力開発センター 赤羽校

アクセス