富山県立技術専門学院 新川センターで【ハロトレ】職業訓練科と費用

富山県立技術専門学院 新川センターの訓練科と費用

授業料や必要な費用について

短期課程の授業料は無料です。
ただし、授業に必要な教科書・作業服代、資格試験の検定料等の諸経費は自己負担となります。
※費用は各科で異なります。

受講手当などについて

公共職業安定所長の受講指示を受けた雇用保険受給資格者には、基本手当、受講手当および通所手当が支給されます。また、支援指示を受けて訓練を受講する方が、一定の要件を満たせば職業訓練受講給付金が支給されます。

訓練中の特典そのほか

・富山地方鉄道等の学割運賃の適用が受けられます
・訓練中の事故に備え、訓練生専用の職業訓練生総合保険(任意)に加入できます
・一定の要件を満たす方は「託児サービス」を利用できます

短期課程 エコ住宅リフォーム科

木造住宅の増改築に関する計画(図面作成、プレゼンなど)・設計(構造計算、耐震診断など)・施工(建築大工工事、木工事、内装工事など)に必要な知識と技能を習得できます。

○一般コース 10名/6ケ月間(4月・10月入校)
○企業実習付コース 10名/1年間(4月入校)
※企業実習付コースでは、住宅施工やリフォーム等に関する企業での実習が約2ヶ月間あります。

定員各コース10名  ※女性入校枠あり
諸経費約25,000円
各検定の受験料、職業訓練生総合保険加入料は別途自己負担となります。

短期課程 ビジネス実務科

目的に応じたコースを選択することにより、パソコン操作能力と簿記を土台として、 事務職(経理事務、営業事務、一般事務 等)に必要な知識と技能を習得できます。
パソコンのソフトウェアは、Windows10とOffice2019(Word2019、Excel2019 etc.)です。

○パソコン・経理コース
期間が4ヶ月で、年2回募集します(4月と11月)。パソコン操作と簿記会計を同じ比率で学びます。簿記の目標取得は日商簿記3級になります。
○会計実務コース
期間が3ヶ月で年1回募集します(7月)。日商簿記2級を目指し、またパソコンの基本的技能の習得を目指すコースです。

定員20名(パソコン・経理コース)
10名(会計実務コース)
諸経費教材費・諸経費等(25,000円程度)、職業訓練生総合保険加入料(3,600円・4ヵ月分)、各種検定料(計20,000円)程度の自己負担があります。

介護サービス科

介護職員としての在宅介護や 施設介護 (特別養護老人ホーム等入所者の日常生活全般に関わる援助)などに 必要な知識と技能を習得できます。

定員各コース20名
訓練期間2ヶ月(土・日・祝祭日を除く平日)   
5月~7月、10月~12月
諸経費約10,000円(教科書 等)
職業訓練生総合保険加入料は、別途自己負担となります。

条件により訓練期間中、雇用保険失業給付金が支給されます

雇用保険の受給資格がある方(または、予定の方)が 公共職業安定所の受講指示を受けて入校した場合には、 訓練期間中、雇用保険失業給付金(基本手当、受講手当、該当者には通所手当)が支給されます。
※必ず住所を管轄するハローワーク(公共職業安定所)で相談を受けてから 応募してください。

富山県立技術専門学院 新川センター アクセス

住所・電話番号・URL

〒938-0031 富山県黒部市三日市10

TEL:0765-52-0251

新川センターの概要(短期課程)|富山県技術専門学院

アクセス